カテゴリー「05 日記」の記事

たけちゃんの さつまいもぷりん 出店しました♪

みなさん、こんにちわ。
ご無沙汰ばかりですが、お元気ですか?
今日は、妹ゆかです✩

昨日、「たけちゃんのさつまいもぷりん」を奈良県明日香で行われた「あすか手創りマルシェ」さんに無事に出店してきました~✩

昨日はお天気もよくてマ ルシェ日和♪
お年寄りから小さいお子さんまで、たくさんの人、人、人~で賑わっていました。

(にぎわい中の写真はと、出店の様子をパタパタで一枚も撮れず終わりました。汗)

Asuka_tedukuri_maruche

はりきって作った200個の「たけちゃんのさつまいもプリン」は、皆さんのおなかの中に旅立っていきました。ほっとして、うるうるしました。
一度食べてくださった方々が「まだ、あるぅ?」とまた戻ってきてくれたり、「おいしい~」のお言葉をたくさんいただいて、うれしくて、うれしくて。

お山からいただいた竹の器には、まずはぷりんが入って。
そしてこれから、お花をいけたり、ペンたてになったり、これからの季節には、そば猪口にもいい雰囲気です~♪
そうやって、手にとっていただいた方のもとで、竹はまた姿を変えて生きています。それもまたうれしい♪

大きな大きな自然の恵みと、200個もの竹の器を創ってくれた師匠、すべて手作りのぷりん作りを手伝ってくれた家族のみんな、この機会をいただき、運営してくださった「あすか手創りマルシェ」の皆さん、そしてFBで応援してくださったみなさん、手にして食べてくれたみなさん。
みんな、みんなに、ありがとうございました。

今週末は、大阪、河内長野市で毎月行われる朝市にて出店です~。
また、こころをこめて、ひとつひとつ丁寧につくっていきたいです。

写真: あすか手創りマルシェ実行委員会より
本日は本当にたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。
午前中は駐車場の混雑で大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

今日一日お会いしたたくさんの方々の表情を思い出すと、このマルシェが素晴らしいものになったんじゃないかと思っています。
それは出店いただいた作家様とお越しいただいたお客様のおかげです!
本当にありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DreamTIme 紡がれる神話のとき

すっかりご無沙汰しています。
ブログを見てくださる皆さん、いつもありがとうございます。

昨日までの18日間、オーストラリアから、先住民ククヤランジファミリーが来日してくれていました。
夢のような時間に紡がれた物語を、フェイスブックと同内容になりますが、ここに記していきたいと思います。どうぞ、読んでくださいね~。
皆さんと、DreamTimeを分かちあえることをとてもうれしく思います。

これからものんびり~ですが、どうぞよろしくお願いします。

✩・・・✩・・・✩・・・✩・・・✩・・・✩

Image010

夢と現実のはざまに、「今」というときの連続が一瞬にも思えた18日間。

今日目が覚めたら、夕方になっていた。

あぁ、おどろいた。(笑)

わたしはとてもよく眠る。

そして、よく夢を見る。

もしも、わたしが夢を見なかったら、

わたしはオーストラリアのアボリジニ、ククヤランジのみんなのことも、

あの深い森レインフォレスト「MARABU」のことも、

遥々日本までやってきてくれた愛しいファミリーのことも、

知ることさえなかったろうな。

そして、もし。

わたしがその夢を信じなかったら。

出会うことはなかったろうな。

夢を旅することで、わたしはわたしにかえっていく、そんな不思議な感覚がある。

迷ったり、悩んだり、わけわからなくなったり、数えきれないくらいあるけれど、

きらきらひかるその一瞬に出逢うたび、あぁ、よかった、と全身全霊で思うのだ。

「きらきらひかる」その一瞬の魂が震える感激に出会いたくて、わたしは夢を旅しているのかもしれない。

わたしたちはきっと、目に見えるものばかりの世界に生きているわけではないから。

夢も、愛も、空気も、風も、父も、祖母も、天に帰っていった愛しい先人たち、声や、響き、数えあげたらきりのないたくさんの目には見えないものに、生かされて、支えられて、愛されて生きている。

それらは、きっと。

感じることで見え、感じることでつながる、世界。

彼らと共に過ごしたこの18日間にたくさんの出逢いと「きらきらひかる」物語が紡がれた。

             

彼らアボリジニが持つ「DreamTime」という天地創造の神話。

この「Dream」は、いわゆる「夢」ではなくて、「生活をする、旅をする」という意味を持ち、わたしたちが生活をし、旅をするそこに足跡が残るのと同じように、エネルギーやスピリットが残ると信じられている。

そのエネルギーや、スピリットを残す行為は「ドリーミング」と読ばれていて、その時間のことを「DreamTime」というそうだ。

だから、わたしたちはみな、ドリーミングをしながら「DreamTime」を生きているのだとわたしは思う。

わたしたちは、神話の紡ぎ手であり、伝承者なのだ。

Footprints in time、時の中に刻まれる永遠のエネルギー

DreamTime、神話の時を刻みながら

わたしたちの「DreamTime」をこれから紡いでゆきたい。

彼らが無事に家路についたことを祝福して。

こころから感謝をこめて。

Yalada! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からだの声をきく、息吹之笛〜

からだの声をきく、息吹之笛〜
昨年末のからだからのサインをもらったことが大きなきっかけになり、
わたしのからだの声をきく、ということをとても意識するようになりました。

とくに、息をするってことがど〜んなに大切なことか意識をするようになりました。


そんな中でのマイブーム♪吉野の暮らしは車に乗ることが多く、車の助手席に乗れた日は、山々を眺め、雲や風、おひさまのひかり、時に雨音と一緒に…
笛奏者雲龍さんからいただいた『息吹之笛』を吹いてみています♪

小さな宇宙船のようなこの笛は雲龍さんがひとつひとつてづくりされたもの。
最後は1250℃以上の高温で焼きしめられた、土、水、木、火すべての大きな自然を小さな笛の中に秘めています。

車の中での息吹之笛は、
響きが四方に広がり、わたしのからだに戻り、ダイレクトにかえってきて、響きの中にしばらくつかっている感じです。
笛の響きが聞こえるのかな?鳥たちがとっても近くを飛ぶことも!
かなりたかい音で響くので、家族やともだちがびっくりしてしまうこともしばしば。ごめんなさい。(笑)
空まで届きそうな高いひとつの響き。
地球と手をつなぐと、宇宙は笑って、小さな車の中は、コスモポリタン♪


その場、その瞬間でいちおんの響きはくるくると変わり、今、という一瞬のときを感じさせてくれます。

旧暦の大晦日の今日。
裏山のたけちゃんのいる小さな丘で、たくさんのありがとう、の気持ちで息吹之笛を吹かせていただきました。
その響きは、水面におちた一滴の雫石が波紋を描くよに、山々に広がっていきました。

そして、笛を吹いていると、おなかからのふかい息になり、からだもぽかぽかあたたまるんです〜。
東京でも息吹之笛のワークショップをされているので、興味のある方はぜひ、行かれてみてください〜。


言葉を越えたところにあるいちおんの響きの世界。
この世界をお話しにしてみたいな〜、という思い。
あぁ、夢がたくさん♪


明日は新月のお正月。
新しい環境にまだまだとまどうことはたくさんだけれど、また新たな気持ちで、一歩一歩、歩んでいきます♪
皆さんの夢かなう、
キラキラのすてきなすてきな一年となりますように☆
感謝と祈りをこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
昨年もあたたかなご縁をたくさんいただいて、本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始に体調を崩してしまいまして、ご挨拶が大変遅くなりました。
ゆっくりお休みをしたおかげで、こころもからだもすっきりしています~。

まだまだ寒い日が続きます。
皆様もどうぞおからだ、ご自愛くださいませ~。

皆様からはあたたかいお年賀状をたくさんいただき、心からありがとうございます~。
とってもうれしかったです。
松の内には間に合わないのですが、またゆっくりお葉書を書かせてください。

昨年はアサバアートスクエアで行わせていただいた夢の「DreamTimeLIVE」のおかげで、
皆様に再会できたこと、本当にうれしかったです。
今年もまた物語とともに、皆さんにお会いできることをたのしみにしております・・・♪

今年もゆっくりではありますが、日々の暮らしの感動を書いていきたいと思います。
ぜひ、覗いてくださいませ~。
FBも行っていますので、そちらでもぜひ~♪
(名前は 長谷川直加、長谷川由佳でおります。)

それでは、今年1年も皆様がキラキラと輝く素敵な1年となりますことを心からお祈りいたしております。
またの再会を心からたのしみに~…♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド音楽と旅のおはなしの会 無事に終了いたしました~

2012年11月21日、インド音楽と旅のおはなしの会、無事に終了いたしました~。

突然のことにもかかわらず、たくさんの皆さまにお越しいただき、
本当にありがとうございました。

シタール、タブラの響きとともに行わせていただいたインドの旅のストーリーテーリングも、彩り豊かなひと時となりました。
当日のリハーサルでお話しを聞いていただき、即興で音の世界をいれてくださった田中峰彦さん、りこさんの演奏のすばらしさを来ていただけなかった皆さんにも、ぜひ体感していただきたい~、と思います。

本当に丁寧にお話しを聞いてくださり、わたしのそのときの思い、歩いていた時の風や気候、温度まで思い出せるような演奏でした。
わたしが演奏に聞き惚れながら、音の世界に身を任せ、こころの中にある想いを自然に言葉として織りなし生まれていった、、、そんな世界がありました。

シタールもタブラも、楽譜のない世界で、師から弟子へと演奏は伝え教えられるそうです。

そして、自然の情景、たとえば「夕陽のとき」や「日の出のとき」というイメージやテーマで、その時その時の空気を感じ、即興で演奏されるそうです。はじまるタイミングも、おわるタイミングもそのとき、そのときの空気で決められ、決まりがないそうです。

そのときの一瞬、一瞬が音として、響きとして、リズムとして現れ、またとない「今」の世界の音楽なんだな~と、おふたりのお話しを伺いながら、自然とおなじ世界に改めて感じ、感動しました。

改めて田中峰彦さん、りこさん、本当にありがとうございました。
田中峰彦さんオフィシャルサイトはこちらです→田中峰彦 オフィシャルサイト
Arunachara

そしてわたしが今回のストーリテーリングで選んだのは「アルナーチャラの丘」という、
南インド最大級の聖地と言われるヒンドゥ教のシバァ神の権化と言われるお山での体験をお話しにしたものでした。
そのお話の中には、インドで教えていただいた太陽を讃えるヒンドゥ教のマントラを唱えるところがありました。
そのマントラは軽妙なリズムでとても明るい晴れた日のおひさまのような響きがあります。唱えるというよりも、歌うようなマントラです。

リズムや言葉の響きがおひさまのように元気で明るくキラキラ輝くマントラで、わたしは
大好きになり、インドで覚えて帰りました。
そのマントラにおふたりが音とリズムを即興で合わせてくださって、新しい世界がひろがりました。
あたりは日が暮れて暗かったけれど、「おひさま、ありがとうございます♪」の響きは、明日またのぼってきてくれるおひさまに届いたような気持ちがしました。

そこにみなさんが手拍子でリズムをいれてくださって、会場となったたんぽぽに、おひさまがのぼりキラキラと輝くようでした。本当にありがとうございました。

こうして、ここに書きながら、また今回のライブができたらいいな~という気持ちでいます。来てくださった皆さま、田中峰彦さん、りこさん、たんぽぽ母さん、父さんをはじめ皆さん~、本当にありがとうございました~。

…☆…
こうしてつながっていく、夢の物語。
オーストラリアアボリジニ、ククヤランジのDreamTimeLiveからはじまった旅のストーリーテリングのお話の世界はインドへと歩みをすすめ、ハワイ島へと風はつながっていくようです。
来月は、ハワイ島へ大切な物語を紡ぐため、はじめましての森の世界へと旅にでてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月9日、DreamTime LIVE

朝晩は少し肌寒さも感じるくらい秋らしくなってきました〜。

先日の9日(日)に、いつもお世話になっている
叔母のお店「いろりの家たんぽぽ」(冬季限定のお鍋のお店です)で、
オーストラリアの先住民アボリジナルの地を旅したお話を、
笛奏者雲龍さん、天然空洞木(アボリジナルの楽器ディジュリドゥ)KNOBさん、そして前日に天川弁財天の復興祭にて演奏されていたインディアンフルートのHIROさんも特別ゲストとしていらしてくださり、驚きと感動いっぱいの会をさせていただいてきました。

Ncm_0253_2  。

オーストラリア先住民クク・ヤランジの皆さんが大切にされているレインフォレストで感じたお話を、
日本の太古の空気の流れる吉野たんぽぽで、
あらゆる自然界の声や響きやその美しさをやわらかな神聖な響きで届けてくださる雲龍さんの笛の音色、
KNOBさんのオーストラリアの大地と日本の大木、大地からのエネルギーを感じる響きの中で、
ラコタ族、そしてHIROさんのどこまでもまっすぐピュアにおおきな愛のちからを感じさせてくださるインディアンフルートの響きの中、行わせていただきました。

まっすぐな想いや心からのオトダマやコトダマは、国や言語を越え、つながっていくことを実感として感じることができました。

日本、アボリジナル、インディアン、そしてイギリスからのお客様もあり、いつもみんなが仲よく手をつなぐことを大切にしているクク・ヤランジ族の酋長CHARAさんもきっと、空の上で喜んでくれていたと思います。
この丘で眠る天智天皇の第一皇子、建皇子ことたけちゃんも、きっとみんなが来てくれて、うれしかったと思います。

そうやってわたしたちは目に見えない世界ともしっかりとつながって、
今を生かしてもらっているんだと、そんなことも感じたりしました。
時間の経過とともにじんわりじんわりと胸にしみてくるこの感覚がわたし自身もはじめてのことで、改めて感動しています。

コンサートの最後には、インディアンラコタ族の方から日本人として唯一シャーマンとして認められているHIROさんに先導していただき、丘にのぼり、輪になって、生きとし生けるものすべてに愛と調和と平和をみんなで声に出して手をつなぎ、その気をいっぱいに、歌い、音を奏で、そして大地や風を感じました。

Img_20120911_134724

そして、終わったあとは、おいしいお食事をいただいて大笑いの、、、宴でした〜。

この場をお借りして、
雲龍さん、KNOBさん、HIROさん、
そして、ご縁をいただいて来て下さったすべての皆さん、
この会を何日も前から一緒に準備してくれた由佳、家族のみんなに、
そして、たんぽぽの丘に、地球さんに〜、すべてに~、ありがとうございました。

みんながしあわせで愛と調和と平和がありますように〜

このお話の会は、11月4日(日)に、いつもお世話になっている大好きな空間、神奈川県金沢文庫の「アサバアートスクエア」にて開催します。

皆さんとも、この感動をご一緒できたらと思います!
お誘い合わせのうえ、ぜひ遊びにきてください!!

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

DreamTime LIVE
~オーストラリア先住民アボリジニと森のお話と音を楽しむ時間~

出演: 笛奏者               雲龍   
                                                    www.shana-records.com

          天然空洞木(ディジュリドゥ)   KNOB  
                        http://www.knob-knob.com

          おはなし              奈丘

日時 11月4日(日) 14:00~

場所 アサバアートスクエア

    横浜市金沢区金沢町205
    http://www.kazukoasaba.org/map.htm(地図はこちらから~)

料金 予約2,500円 当日3,000円 (小学生以下1,000円)

予約・問合せ先  045-783-9705  090-4134-9933

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。
すっかり、ご無沙汰になりました~。
BLOGを読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。

春から夏、そして初秋。
時が経つことの早さを実感しています。

今年で3度目となるオーストラリアの大好きな森へ。
今回の旅では、新しい場所へもお伺いすることができ、
なんでこんなに好きなんだろうって不思議なくらい、
森や森で出逢ったすべてが大好きです。

わたしが森とよぶ、この星の自然そのもののちからを感じられることは
どんなにかしあわせなことだろう、、、

Nec_0005

森をずっと歩き、わたしが自然の中にかえっていくと、
言い知れない安堵とともに、
いのちの鼓動が聞こえてきます。

時折の緊張と、宝石がちりばめられたようにキラキラひかる景色と音色。
わたしというすべての感覚がビックバンを起こして動きはじめます。

Nec_0060

一瞬もとどまることなくすすんでいく時の中で
その美しさにただただ祈るような気持ちになるのはなぜなのでしょう。

帰国した翌日にはじめて車で520キロの旅をして、
大好きな追浜の平和会の御神輿を、大好きなみんなと担がせてもらって、
大好きなたくさんの皆さんとお会いすることができました。
まるで、大好き祭りだ。
(でもまだまだ逢いたかった人がいっぱいで、次は皆さんにあえますように☆)
うれしかったな~、やっぱり追浜、金沢文庫、大好きだな~、と思いました♪

そして、8月のはじめには奈良県吉野のお山の中で、いにしえかたり「風の子たけちゃん」のお話会を行いました~。

来月9日には、これまでオーストラリアでの旅を出逢った森と人々、私の感じたお話を、
笛奏者、雲龍さんの美しい音の響き、ディジュリドゥ(天然空洞木)KNOBさんの大地の響きの中で、おいしいお料理と、あったかい空間で、させていただきます~。

今は毎日、その準備を、テンテンテン、と黙々と。
皆さんに聴いていただけることを楽しみにしています。

ゆっくりとあっという間に過ぎていく時の中で、
たくさんの楽しい思い出はいつもキラキラ輝いて、

さぁ、つぎはなにをしようか。
さぁ、つぎはどこへいこうか。

皆さんの毎日にキラキラ輝くひかりが、そしていい風がいっぱい吹きますように~~~

Nec_03041

| | コメント (2) | トラックバック (0)

畑な毎日〜^ ー^)人(^ ー^

みなさん、こんにちわ!
すっかりあたたかくなりました。
桜の花も葉桜へ変わり、新緑の美しい季節ですね〜。こいのぼりも青空を気持ちよさそうに泳いでいます。

ご無沙汰をしておりましたジョイハウスシスターズはこのところ毎日、奈良県吉野に通っています。

奈良県吉野には、たんぽぽ母さんことわたしたちの叔母が『いろりの家たんぽぽ』というお店(冬季予約限定のお鍋のお店です〜)を営んでおり、わたしが語らせていただいているお話し『風の子たけちゃん』の舞台の地でもあり、
そしてそこには、ほとんどな〜んでも手作りしてしまう手品もうまい!おっちゃんことわたしたちの『師匠』がいます。
わたしたちは、今、その師匠から、畑のことやいろいろなことを日々教わりながら、大きな自然の中で日々たくさんのことを感じさせていただいています。

畑な毎日〜^<br />
 ー^)人(^<br />
 ー^

おひさまのひかり。
大地のかおり。
葉に揺れる水の玉。
きじの鳴く声、小鳥のうた声、土とおんなじいろのピョンピョンかえる。
風に舞うたんぽぽのわたげ。
摘みたてのよもぎの香り。
まだわたしが名前を知らないかわいい草花さんたち。

畑な毎日〜^<br />
 ー^)人(^<br />
 ー^

これからも、畑のある毎日とわたしたちの日々の暮らしをのんび〜りお伝えしたいと思っていますので、またのぞいていただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

そうだ、今日から大型のゴールデンウィークですね~。
皆さまにとっての宝ものが見つかる素敵な日々となりますように。
畑な毎日〜^<br />
 ー^)人(^<br />
 ー^

明日もどうぞ素晴らしい1日をお過ごしください〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SWITCH!

お久しぶりです~、皆さま。
なかなか更新できずにごめんなさいです。
それでも皆さまがこうして読んでくださること、ほんとにうれしいです!
いつもほんとうに、ありがとうございます。

大阪もちらりほらりとさくらの花がほころびはじめ、ちいさな菜園のハーブさんたちも、
すくすく元気に育ってくれています。

今日はスコールのような激しい雨が降ったり、ちょっと心配にもなったのですが、
雨が降ったあと、その翌日の晴れた日はいつもよりぐうぅんと大きくなっていて驚きます。
明日の朝がとても楽しみです。

さて~、タイトルにもある「SWITCH」、今日のお話は、とってもすてきな映画のご紹介です~。

村上和雄ドキュメント
SWITCH[スイッチ]
遺伝子が目覚める瞬間

という映画です。

筑波大学名誉教授である人間の無限の可能性を追い続ける科学者村上和雄博士の軌跡と遺伝子がオンになった人々の生き方のドキュメンタリー映画でした。

わたしたち人間の遺伝子には、1,000文字×1,000ページの百科事典約3,200冊分というなんとも膨大な情報が入っているそうなのですが、わたしたちは生涯にその数パーセントしか使っていないことが、様々な研究の結果により明らかになっているそうです。

バイオテクノロジーの世界的権威である村上和雄博士は、「眠っている遺伝子のスイッチをオンにすれば、人間の可能性は無限大だ」とおっしゃっていて、その遺伝子はいかにしてONになるか、、そのことをONになった人の人生と共に紹介されたドキュメンタリー映画です。

お話もさることながら、村上博士の笑顔が何とも魅力的で、「遺伝子」「科学」と聞くだけで、難しそうと思ってしまう(笑)わたしにもとってもわかりやすく理解し、「感じる」ことができました。
また、生命が持っている可能性に心躍ると同時に、こうして生きていられることはどんなにありがたいことなんだろう~ってわたしが今ここに存在していることに改めて「ありがとうございます」の気持ちになりました。

そして、この映画を見て、
わたしの魂のSWITCHがオンになることにまっすぐに、素直に笑顔で「ありがとうございます」いっぱいに、生きていきたい、と、どこにも入学しないけれど(笑)入学式のような、新たな春の前向きな気持ちをいただいて帰ってきました。

とてもすてきな映画です。
自主上映で行われているようなので、追浜をはじめ皆さんの町でも上映されていたら、ぜひご覧になってみてください~。


あっ。
書きながら気がつきました。

いつも、いつも、毎日は、「はじめまして」
「おはよう」っていうのは新しい1日のはじまり。
次の一瞬、なにが起こるかをわたしは知らないです。
そんなドキドキの新鮮な日々をわたしは過ごしているんだなぁ。

ということは、毎日が、入学式。
明日は、さくら咲く春の入学式のような新鮮な気持ちではじめたいと思いま~す。

ちょうど4月の新しい1日のはじまりに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちっちゃな菜園を~

今日は、2月22日、2並びの新月の日ですね~。

お神酒と少しのお塩、洗い米をもって
玄関側のちいさな一画を思い切って菜園にしました。

そこには以前、母が大好きな花、赤紫色の紫陽花さんがいました。

父は、紫陽花は青色が言いよ~と植えかえようと言っていたので、
青色になる紫陽花の土を購入して、大きな鉢に植え替えて、今は玄関前に並んでいます。

梅雨が来る頃、母が大好きな紫陽花が、父の好きな青色の紫陽花になって、玄関のドアを開けると迎えてくれるのが楽しみです。

そして、玄関側のちいさな一画は、菜園になりました~。
実はこちら側は北向きで、、日当たりが心配ではあるのですが、何事もやってみます。

今までも元気に育ってくれていた、ミントにレモンバームに加え、ルッコラを。

そして、サンチュにレタスに春菊に、お葱。

このお野菜の苗は、とっても魅力的な道の駅で見つけてきたものです。
道の駅、大好きです。

土をひっくり返して、えいやこら。けっこな力仕事でしたが、ちょうど、植え終った頃・・・
ぽつりぽつりと雨が降ってきて、自然のシャワーで野菜さんを迎えてくれました。

きっと、みんな丈夫に育つ。

今日は、新月。

新しいはじまり。

はじまり~。

http://joyhouse.air-nifty.com/photos/uncategorized/2012/02/22/dcim02191.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧