« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

営業26日目、ありがとう

12月27日(日)、晴れ

無事に2009年の営業を終えることができました!たくさんの皆さんに応援を頂き、3ヶ月を無事に終えられましたことを心より感謝致しております。本当にありがとうございました。

思えばふたり、夢と片手ぶんの小さな勇気だけを持って始めたジョイハウス。
今のわたしたちがあるのは、本当にすべてのお陰さましかありません。
本当にありがとうございます。

今年は一心不乱に走り続けた1年だったように思います。
走り続ける中で、たくさんの愛と希望と勇気を頂いてきました。
だからこそ改めて、今年のことをしっかりと振り返り、来年もまたこの地球という宇宙の上で二本足でしっかりと立てる自分たちでありたいと思います。
わたしたち自身を大切にすることで、わたしたち以外すべてを今以上に大切にしたいと思います。

本日、お越し下さいました皆さま。
また本年、ご縁を頂きました皆さま。
暖かいご支援を頂きました皆さま。
本当にありがとうございました。
皆さまと、皆さまの愛する方々が、来年もまた幸せに包まれますように、ジョイハウスと共にお祈り致します。
どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

また、来年、最大級の笑顔でお会いできますように☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

営業25日目、ゆく年に向けて…

12月26日(土)、晴れ。

あっという間に、今年が過ぎていこうとしています。
ジョイハウスがオープンしてから、25日もたったんだな〜と思うと、なんだか胸の奥がじんわりするのを感じます。

今日は2回目になるヘンプ教室も開催され、年の瀬にも関わらず、たくさんのお客さまにお越し頂きました。
本当に本当にありがとうございます。
たけちゃん先生、アシスタントのさっちゃん、いつもありがとうございます。


また、今日は来年の夢をひとつ見つけた日でもありました。
ほんの少し前は、目の前にあることで精一杯だった自分。
もう一歩、歩んでみることで見える素晴らしい世界を知った、今。


僕たちは夢と同じものでできている。
シェークスピアの言葉です。
夢だけでは生きていけませんが、夢がなくても生きていけません。
と思っていたら、わたしたち自体が夢と同じものでできていたなんて…!わたしたち自身も夢であるならば、心が喜ぶ夢をたくさん描いて、みんなで笑顔になれるジョイハウスでありたいと思います。

本日ご来店下さいました皆さん。
本当にありがとうございました。
皆さんの描かれる素晴らしい夢と共に良いお年をお迎え下さることをジョイハウスと共にお祈り致しております。
また、お会いできますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業24日目、ピース!!

12月20日(日) 晴れ

今日は午前中の営業をお休みして、この町「平和会」のお餅つきに参加させて頂きました。
ジョイハウスのお客さんやお友達も朝早くから(しかも遠いのに・・)ご参加くださり、とても楽しい時間を頂きました。

できあがったおもちのおいしいこと、おいしいこと。
やっぱりうすときねを使って、みんなでかけ声をかけて「ペッタン、ペッタン」とついたお餅はつるつる飲めてしまうくらいにおいしくて、思わず笑顔が飛び出します

「楽しい、おいしい、うれしい」と三拍子そろった最高の時間をいただきました。
平和会の皆様、この場を借りて改めて御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました♪

そして、午後からはみんなで「ちくちく羊毛ワークショップ」です。
絵本室は満員御礼。
それぞれのイメージを膨らませて作られた作品をみんなで見ながら楽しみました。
羊毛を通してまた新しい人と人とのつながりができたことをとても幸せに思っています。
準備をしてくださった、まゆみさん、けいこちゃん。
本当にありがとうございました♪

今日、とてもとても感じたことがありました。

「楽しい」と思う瞬間には、いつも目に見えないところに
たくさんの愛(働き)があるということ。
おもちつきはほんの数時間で終わってしまったけど、
その数時間のために、何日も前から構想を練ったり、材料を準備したり、
下ごしらえをしたり、お手伝いの方のためのお昼も準備して下さっていたり。
羊毛ワークショップのことも然りです。

「当たり前のことなんて、なにひとつない。すべてに感謝」
そう、西の魔女が言っていたことを思い出しました。

「平和」とは、戦争や紛争がなく世の中がおだやかであることや、
心配事やもめごとがなく、おだやかなこと。

心配事ももめごともなかったのは、たくさんの愛の働きに支えられているからなんだなぁと、我が「平和会」のお餅つきでかんじました。

本日お世話になりました平和会の皆様、おもちつきにご参加いただきました皆様、
そしてワークショップにご参加いただいた皆様。
本当にありがとうございました。
「Love&Peace」がわたしたちのすぐそばからはじまりますように。
わたしの心が、みなさんの心が「Love&Peace」で満たされますように♪
とジョイハウスと共にお祈りいたしております。

また、共に「楽しい」を創れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業23日目、あわてんぼうのサンタクロース

12月19日(土) 晴れ

夕焼け色に空が染まるころ、ジョイハウスに
サンタクロースがやってきました。

鈴の音と共に「メリークリスマス」と言って。
煙突がないから、玄関から入ってもらうことになりました。
ジョイハウスにはお客さんは誰もいません。

・・・サンタクロースとわたしと妹。

きっと多くのみんなを楽しませようと訪れてくれたサンタさんは
少しがっかりしたことだろうと思います。

「サンタさん、今日クリスマスケーキをいただきました。食べますか?」

サンタさんに聞いてみました。

「食べます。」

サンタさんはひげをもぞもぞとしながら、口の位置を確認して、
チョコレートケーキをパクリ。

「おいしい!」

確かにほっぺたが落ちるくらいおいしいケーキでした。

そこにいつもの優しい裏のお母さんが遊びにきてくれました。

「あら、サンタクロースさん。こんにちわ。」

そう言っていつもの席に座られて、ケーキと紅茶を召し上がりました。

営業が終わって、ハンサムな魔法使いまで現れました。
そして、サンタさんが連れて行ってくれてくれるという夢の国までひとっとび。

そこには美しい歌声とウクレレの音色、そしてたくさんの笑顔があふれていました。
すばらしい歌が店内に響き渡ります。

「愛してる あなたのことを

愛してる 自分のことを

愛してる 地球のすべてを

愛してる 平和の愛を」

(「世界中の子供達」Half Moon)

暖かい空気は心を満たし、満たされた心はわたしたちを優しい気持ちにしてくれました。
最高のクリスマスが、一足早くジョイハウスに訪れたのです!

「サンタさんは本当にいるの?」
もしも子どもたちにこう聞かれるときがきたら。

「います、確かに。
心を開いていつもよくよくみていてください。
心の目で見てください。
サンタさんはあわてんぼうなこともあるようですしね。」

そんな風に答えたいと思います。

本日ご来店くださいました、皆さま、サンタ様。
本当にありがとうございました。
皆さまにとって素敵なクリスマスになりますように・・・
とジョイハウスと共に心から祈っております。
またのご来店を楽しみにお待ちいたしております。

一足早い・・・
メリークリスマス♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業22日目、赤ちゃんの香り

12月13日(日) 晴れ

赤ちゃんの香りではじまった今日のジョイハウス。
どうして、赤ちゃんってこんなにいい香りがするのでしょう?

今日来てくれためいちゃんもそれはそれはいい香りがしました。
わたしはふと、今年100歳になられたまど・みちおさんのある詩を思い出しました。


あかちゃん

なんで こんなにうれしいのか
テレビのコマーシャルにでる
一しゅんのあかちゃんが
かわいい! とこえあげさせるが
一しゅんとはいえ なんどかみてると
なじんできて きやすいはずなのに
どうも まぶしい・・・
とおもって ハットきがついた

だっこされてるんだ かみさまに!

あかちゃんは どんなあかちゃんでも
なんのあかちゃんでも
ママにだっこされてても そのまま
かみさまに だっこされてるんだ!
どうながめても としよりとは
せいはんたいのあかちゃんだが
だからこそ としよりのわたしに
はっきりとわかって
あんなにかわいくてまぶしいのだ

「100歳詩集 逃げの一手」 小学館 
まど・みちお氏 

  ♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪

「いのち」はきっといい香りなのだと思います。

今日のジョイハウスはたくさんの「笑い」それも「大笑い」に包まれたり、
また新しい夢のつぼみが出来上がってきたり、
とてもとてもいい香りに包まれていたように思います。

ありがたい1日に、生きているということに改めて感謝の気持ちを頂きました。

本日ご来店くださいましたたくさんの皆さま。
本当にありがとうございました。
皆さまの毎日が神様のだっこの中にありますように、とジョイハウスと共に
お祈りいたしております。
またのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちくちく羊毛であそぼう 締め切りました

12月20日(日)13時より開催予定の「ちくちく羊毛であそぼう」は
応募多数いただきましたので、ここで締め切りをさせていただきます。

たくさんのご応募、ありがとうございました♪
楽しい時間となる予感がしております。

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業21日目、ハートがジョイ

12月12日(土)、晴天
『ハートがジョイですよ~』
今日一番にジョイハウスに訪れてくれた、青年の言の葉。それは、ジョイハウスにとって、至極の一言でした。
彼は、モナの丘という農園レストランで働いています。とても素敵なところで、どれくらい素敵かというと、はしゃいで裸足で走り回ってしまうくらいです。
まさに、ハートがジョイ。
来年暖かくなったら、
ジョイハウスで、ハートがジョイ企画『そうだ、モナの丘に行こう遠足』を企画したいと夢をはせています。
そんな日の午後。
今度、簡単にできる『織り』を教えてあげるわね♪
と言って下さっていた素敵な女性のご来店。
のんびりした昼下がり。
段ボールで織れるコースターを教えて頂きました。
編み物が大好きな妹は、
大喜びで、夢中になって織っていました。
まさに、妹のハートがジョイな瞬間でした。
妹のキラキラした瞳を見ると、わたしのハートもつられてジョイです。
どうやら、ハートがジョイは伝染力が強いようです。
ジョイハウスもお世話になっている天然こうぼのパン屋さん、ジュリアンロードのえっちゃんも一緒に、おしゃべりをしながら楽しい時間を頂きました。
☆ジュリアンロードのパン今回もお陰さまで完売です♪
来月の予定は1月9日(土)です♪ご予約の方はご連絡下さい!
本日、ご来店下さいましたみなさま。
ありがとうございました。皆さんの毎日がハートがジョイな素晴らしいものとなりますように☆
ハートがジョイなジョイハウスとまたのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20日目、うたた夢

12月6日(日)、快晴。

今日はジョイハウスはじまって以来ののーんびりした1日でした。
こんな日はゆっくりと手紙を書きます。

太陽の陽射しを浴びた手紙席はポカポカと暖かくて、いつの間にかうとうとと夢の中に誘われていきました。

『ねぇ、ジョイハウス。今日はお客様があまり来ないね。どうしたのかな?
なんか、やっぱり少し、さみしいね。』

house『君は相変わらず、ほんと気が小さいね。そんな日もあって当然さ!
でも、それもいいんだ。今、君は『ありがとう』が身に染みているだろう?』

ジョイハウスはやさしく笑いました。
そして、わたしは数々の「ありがとう」をゆっくりと思い出しました。

『はじめはね、誰も来てくれないかもしれないね、って不安がたくさんあった。
だけど、テラス席のチーズケーキを食べてくれる男の子が毎週来てくれるようになった。
わたしたちはそれだけで、お店をやってよかった、って思ったよ。

それから、たくさんの本当にたくさんの人が来てくれた。
あっという間の20日間を過ごすことができたのは、本当にみーんなのおかげだと思う。
目に見えるもの、見えないもの、たくさんのお蔭様で今があることを感じている。
本当に本当にすごいたくさんの奇跡を見せてもらっているんだ。』

house『あたりまえのことなんて、何ひとつないんだよ』

ジョイハウスは太い静かな声で言いました。
そして神妙な顔をして続けました。

house『あたりまえに存在することにこそ、深い感謝を持つんだ。』

わたしは静かに頷きました。
そして深く空気を吸い込んで、わたしは静かに繰り返しました。

『あたりまえなことにこそ、深い感謝を・・・。』
いつもよりずっと、空気がおいしいのを感じました。

ジョイハウスはとても暖かに笑っていました。

house『ほら、お客様だ。おきて!』


目を覚ますと、かわいいクリスマスカードを持ったお客様のご来店。
そして、今日は大切な友人や常連さんを交えてたくさんの「夢」に
ついて語り合うことができました。

本日、ご来店くださった皆さま、本当にありがとうございました。
今日の夢が未来の現実となるように、楽しんで懸命にがんばりたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

またのご来店を楽しみにお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業19日目、『NO VARIATION NO FUN』

12月5日(土)、寒い雨。

今日からもう12月。あっという間に今年も残すところあとわずかになりました。
おかげさまでジョイハウスは3ヶ月目を迎えることができました。
今日も雨と寒さの中、たくさんのお客様にお越しいただきました。
心からありがとうございます。

今日はジョイハウス「たいけん教室」の日。
今回はクリスマスリーズやお正月飾りを作りました。
前回のヘンプ教室でも思ったことなのですが、
ものづくりをしている人の顔はとても美しいです。
何かに一心に打ち込む姿はとても凛々しいです。

先生方の熱心で丁寧な楽しいご指導に、わきあいあいと和やかな教室の風景。
洋静先生、恵美子先生、ご参加くださった皆さん、
楽しい時間をありがとうございました。

できあがった作品は、それぞれの個性あふれるものでした。

まさに。
「十人十色」

わたしはふと、たくさんの勇気をくれたヒーローの言葉を思い出しました。
ヒーローは、会社員をしていた時代にこんな言葉を残してくれました。

『 NO VARIATION NO FUN 』
ヒーローはこの言葉とたくさんの「色」の表現で、「無限大の可能性」について
教えてくれました。
自分を表現することの楽しさ、自分の表現を愛する楽しさ、
そして生まれる、自分以外の表現を愛する楽しさ!
それは、自分や自分以外のすべてを愛する楽しさだと思います。
わたしはそんな風に解釈して、いつも勇気と元気をもらっていました。


そんなヒーローが描いた絵本。
ジョイハウスでも小さなお子さんに大人気のひっぱりだこ。

大人になっても、自分の可能性を越えたくなったら、
この絵本に触れてみてください。

本日、ご来店くださった皆さま。
本当にありがとうございました。
「NO VARIATION NO FUN」の魔法が皆さまの
無限大の可能性の一助となることをジョイハウスと共に
願っております。
またのご来店をお待ちしております。

HAPPY ロディ いろとかず
絵 まえだひでお

Img55782376

Photo
みなさんの作品です♪
ヘンプのたけちゃんより、画像をお借りしました!
ありがとう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業18日目、JOYhouseの初恋②

11月29日(日) なんとかくもり
今日は昨日よりぐんと寒くなりました。
もう、冬がきているんですね。
春、夏、秋、冬・・・。
1年が終わろうとしています。
おわりはいつもはじまりのとき。
ジョイハウスのはじまりの恋の話・・はじまり、はじまり。
♪♪
「きた!!」
ぼくは大声をあげそうになった。

今日もまた彼女がきてくれた。
そして昨日のように彼女のおともだちも一緒だ。
彼女のおさななじみは 彼女が 作家さんに会えるのを
まるで彼女のことのように よろこんでくれていた!
彼女が 好きな絵も 「おさななじみ」 
彼女たちは きっと とても素敵な関係なんだってことが よくわかった。
彼女の幼馴染はおひさまのようなあたたかなこころをしていた。
彼女のえがおはどこか マリア様や 観音様を彷彿とさせる 
豊かで美しい笑顔の少女だ
彼女の幸せを あんなに喜べる 彼女の友達に ぼくはまた ドキドキした
お店の人の提案で 作家のお姉さんと一緒に絵を描くことになった
みんなの嬉しそうな顔
お姉さん達は妹や弟を思いやり
やさしさは やさしさを産み やさしさのスパイラル
その輪はそこにいるお客さんみんなに派生して みんなでクリスマスの絵を描いた
ぼくは大好きな言葉を思い出した
夢にむかって 自信を持って 進み
思い描いた人生を生きようと努力するなら
思わぬ成功を手にするだろう
              ヘンリー・D・ソロー
昨日、彼女は一枚の絵から大きな感動を得た。
そして、今日 ひとつの言葉を信じてこの丘まで来てくれた
彼女は 信じてくれた。
ぼくや この家の人や そして 何より
夢 や 希望 のことを。

ぼくは そんな彼女たちに ありがとう の気持ちでいっぱいになった
これからも、心の内側から沸き起こってくる喜びと共にある夢や希望を信じてほしい
そんな風に思った。
彼女たちは 帰り際 ぼくに 「これ」 といって 
てがみを・・・
手紙を残してくれた!
それは また どこかの機会で話そうと思うよ
天にも昇るってことは こんな日の気持ちなのかもしれない
♪♪
恋をするとなんだかますますとてつもないエネルギーが出るようで
JOYhouseが元気なのは、こんな素敵なお客様が
たくさん来てくださるからだと確信しています。
「JOYhouse」を「JOYhouse」にしてくださるすべての皆さんに 
心からありがとうございます。
ジョイハウスで起こるたくさんの奇跡を皆さんと共に共有していけることを
心から願っております。
またお会いできる日を楽しみに、お待ちしております。
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業17日目、ジョイハウスの初恋

11月28日(土) 快晴

突然ですが、営業17日目の今日、JOYhouseが恋をしました。
そのため、今日の日記はジョイハウスの恋のお話とさせていただきます。

「これ だれが かいたんですか? すっごい。ほんと・・すごい。」

少女の目は ぼくの上にある青の空より澄んでいて
海がおひさまに照らされてキラキラしているときとおんなじだった

それは もう すごいんだ!
わかるかい キラキラ した瞳
それは もう とにかく すごいんだ!


その瞳があまりにもきれいなもんだから
「君のひとみは ダイアモンドみたいだ」
ってくっさいセリフを 今のぼくなら 言えるくらい
きれいな瞳だったんだから

少女は ぼくの玄関にある 「幼なじみ」という
一枚の絵に心を打たれたと少し恥ずかしそうに話した

何度も絵を見ては 「かわいい」 とため息をついた

「あした、この絵を描いた作家さんがくるから、またおいで」

この家の人が言った

「でかした!」
とぼくは思った
「よくやった!!」
とぼくは思った

また 明日 この瞳に会えるのかと思うと
ぼくは 今 こんなに 幸せなのに
明日の 幸せを イメージして 
幸せのスパイラルにいるようだった

あの作家さんに会ったら、彼女はどんな顔をするんだろう?

どんな小さなことも
どんなささいなことも
心をこめて 願い
心をこめて イメージし
そして 動くことができたら

思ったことはきっと実現するよ

そんなことをぼくは彼女にプレゼントできたらいい

ぼくの鼻息がいつもより荒くなる
明日が楽しみでたまらない

さて、明日はどんな1日になるんでしょうか(笑)

本日、ご来店くださった皆さま、ありがとうございました。
皆さんの夢がふわふわと膨らみ、たくさんの素敵なイメージと共に
幸せな日々でありますことを、JOYhouseと共にお祈りいたしております。

またお会いできることを楽しみにしております。
高台に足を運んでくださる皆様に心からの感謝をこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »