« 営業56日目、新しい動き♪ | トップページ | 6月の営業日とイベント »

JOY farm はじまりの声

グレートバリアリーフの玄関口ケアンズから車で4時間ほど北上したデイントゥリー国立公園。
その中のジャングルで暮らすオーストラリア先住民アボリジニのクク・ヤランジ族の居住区は、オフロード車でしか辿り着くことができない、幾つもの山と川を越えた自然の静寂に包まれた別世界でした。
そこで私たちが見たものは、コミュニティのみんなが協力しあう、原始的で理想的な循環型生活だったのです。

ジャングルの奥地ですので、電気や下水道といった都市インフラ設備はありません。
しかし、廃材などを利用し家を創り、狩へ出かけ、庭では野菜や果物を育てる自然の中で豊かな自給生活を送っています。
風、光、木々、水、空気、土、動物、虫・・・必要なものはすべてそろっていて、
そこは命を持つすべてのものが同じ価値を持ち、輝いていました。

何もないけど、すべてがある。
もっとも「豊か」な場所だったのです。

Dream_tree
丘の上の景色

丘の上に住む森の人とアボリジニアーティストとの生活の中で多くのことを学びました。
わたしたちはそれを「アボリジナルシンプルライフ」と呼んでいます。

この大きな感動はわたしの心をとらえ、帰国してから、あの「豊かな暮らし」の中で生活したいと強く思うようになりました。あの場所にいつか帰りたい、そう願いながら・・・。

しかしながら、日本での生活を振り返ってみて愕然とすることばかり。
風、光、木々、水、空気、土。
当たり前のようにある、そんな大切なものたちと実に遠い生活をしていたのです。
何から、どうやってはじめよう・・・。

そんな思いを後押しするように、新星のごとく現れてくれたのが、
われらがJOYhouseのファーマーズ部長、yumiさんです。

yumi
Yumi_2
「無理をしないで、自然と一緒に生きる人」
今の自分にできることから、自然と共に暮らせる方法を模索し、
千葉県成田にて畑をされる一方で、
スポーツ吹き矢(全国大会出場!)を行っている。
(近日中たいけん教室開催予定、お楽しみに♪)
オーストラリアの大学を卒業し、オーストラリアを旅した経験を持つ。
もちろん、英会話も堪能です。
まさに、才色兼備とはこのこと!という笑顔が魅力的な素敵な女性です。

余談ですが、わたしをこのオーストラリアの地に誘ってくれた恩人でもあります。
ここまで配役がそろえば、もう、やるしかありません!

そんなことで、「JOYfarm」 は産声をあげました。

|

« 営業56日目、新しい動き♪ | トップページ | 6月の営業日とイベント »

06 JOY farmのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541092/48392913

この記事へのトラックバック一覧です: JOY farm はじまりの声:

« 営業56日目、新しい動き♪ | トップページ | 6月の営業日とイベント »