« 今日のコンサートのこと | トップページ | 3月16日(水) 営業します~ »

3月15日(火) 営業します!!

皆さま、こんばんわ!
JOYhouseです。

まず、明日3月15日(火)は11時からJOYhouseをオープンさせていただきます!

今も続く大変な状況に、今、何ができるのか・・・。
考えたけど、わからなくて。
だから、今、わたしにできることをしたいと思いました。

今こそ、「おいしいがある 楽しいがある うれしいがある」JOYhouseで、皆さんと時を共有させていただきたいと思いました。

メニューは通常メニューではありません。
ほっとこころをリラックスさせていただけるそして、今できるメニューでさせていただきます。
(幸いにも!!奄美のたまちゃんがまだいてくれます!!おいしい炊き立てのおむすびは生きる希望の味がします。元気になります。お出しする予定ですよ~。)

そして、みんなでいろいろな情報を共有し、助け合えたらうれしいです♪


こんなときだからこそ、テレビやラジオ、新聞の情報だけでなく、今をここで生きるわたしたちの本当のつながりを大切にしたいと思います。


このブログをご覧くださっている皆さん。
どうぞお誘いあわせの上、皆さんで遊びにきてください。
そして、このブログもみんなの希望の花でいっぱいにしたいです!!

被災された方、今も大変な方、その方々を思うと胸が痛く、いっぱいになります。
でも、だからこそ、わたしは前を向いて、笑顔で、このときを乗り越えたいです。
奇跡のように、今を生かしていただいていることにこころからの感謝をこめて。

この状況なのでこれからの営業については、明日以降もこのブログで告知します。
もし何かありましたら、いつでもお問い合わせください。
090-2733-3062

どうぞ皆さまがご無事でありますように。
そして、不安なこころではなく、「大丈夫」と明るいこころでいてくださいますように。

皆さ~ん、おうちをいっぱい「JOY」で満たしてください~。
楽しいを、うれしいを、おいしいを、みんなで創りましょう~。

では、明日の準備をします。
皆さまのお越しをお待ちしております!!

この「今」をありがとうございます。

|

« 今日のコンサートのこと | トップページ | 3月16日(水) 営業します~ »

05 日記」カテゴリの記事

コメント

だいすきなジョイハウスさま☆

私はあのお家のことを
“ジョイハウス”と呼ばれるようになる前から知っていて、大好きな親友なおと妹のゆかちゃんのそばで何度も何度も楽しいときを過ごさせてもらってきました。

地震のあったあの日も、いつもなら仕事なのに急遽休みになり、奄美の島ごはんを頂きに遊びにいっていました。
ぽかぽか日差しのあたたかく、いつものように気ままにただのんびりしていた時に、ジョイハウスが揺れたんです。
あんまりにも揺れが大きく長くて怖くて仕方なかったとき、なおはただただ笑って私やお客さまに“大丈夫”“大丈夫”と言っていました。 昔の造りのお家の為か揺れは大きかったですが、とっても緩やかな波に乗っているかのような感じでした。でも恐くて恐くて‥
あのなおが“大丈夫”と言ってくれても、正直私は“でも‥こわい、大丈夫じゃないよ‥”と不安でいっぱいでした。。
なんかいつもと違う揺れ、なんか無性に不安になってました。

停電に断水、電車も止まり、家族とも連絡が取れないという中、不安でいっぱいでしたが、そんなときにたまちゃんがおいしいお茶をいれて下さったり、“こんなときだからこそ今私たちにできることをしよう”とみんなで畳の上に輪になって座り、自分の体に耳を澄ませて‥と『手当て』ということばのように自分の手で自分をマッサージすることを教えてくれました。


そしてなんとも言えない不安の中、たまちゃんやなおと何度も“大丈夫!大丈夫!”と笑っていいあったりして一夜を過ごしました。余震も続いて家族とも友達とも連絡が取れない中、テレビや携帯の情報に不安な顔をしてる私になおは何度も“のりちゃん、大丈夫!” と。

翌朝、家に帰るとテレビの映像からことの重大さ、悲惨さ、被災された方々のことで一気に頭の中がいっぱいになり、ここに普通に生きている自分。ご飯を頂ける自分。疲れて寝転がれる家や布団のあるなに不自由のない今の自分と重ね、何もできない自分にとても苦しかったです。
被災に遭われた方々、大切なご家族を亡くされた方々、現地で救済を待っている方々、避難されている方々‥何もできなくてごめんなさい。と本当に苦しかったです。
外が段々暗くなってくると不安なきもち、暗く重たいきもちが更に大きくなってました。
その時に、ジョイハウスで過ごしたことを、なおが言ってた“大丈夫!”たまちゃんが言ってた“こんなときだからこそ、今自分のできることをしよう”というのを思いだし、一旦テレビも消して、奄美のおいしい黒砂糖を使ってケーキを焼いてみました。
さっきまで頭の中がぐちゃぐちゃだったのに、体を動かしているうちに“大丈夫!大丈夫!”と思えるようになり、体も楽になったように感じました。

ケーキはゆかちゃんのお誕生日に‥とおもって焼きました。ほんとは私の大好きなケーキやさんできれいなデコレーションケーキを予約していたのですが、地震の為キャンセルする流れになり、買えないなら作ってみよう!あの黒砂糖を使ったらきっとおいしいだろうな‥と思って。
かたくてケーキというよりしとしとクッキーみたいになりましたが、ゆかちゃんはとっても喜んでくれて、お誕生日のお祝いに居合わせて下さったみなさんで分けて、ひとつのテーブルをみんなで囲んでたべました。こんな時にごはんも十分頂いた上に、いいのか‥という思いもありましたが、みなさんが喜んでくれ、ほっと笑い会えたことがとっても嬉しかったです。

ちっちゃなことでなんの力になるかわからないけれど明るいパワーをみんなで集めて、優しく思いやる心をみんなで込めて、お祈りしてちいさなことでも自然や家族や大切な友達やご近所さんに優しさをもって接して‥そして自分やとなりのひとや、遠く心を痛まれていれ被災地の方々に思いを届けようと私たちは笑いあいました。

その日行われたコンサートは本当に素晴らしかったです。なおがまたブログにも載せてくれると思いますが、ジョイハウスにいってまたお話を聞いて感じて見てください。


私は昨日一日でたくさんのことを教えて頂き、今日も大丈夫!大丈夫!と気持ちよく出勤したのですが、 京急線が異常な程の混乱で、ぎゅうぎゅう詰めの車内、不安や恐怖、焦りからか殺気だった人の恐ろしさに一瞬でのまれてしまいそうでした。
ニュースは常に残酷な映像、悲痛な思い、放射能漏れ‥などばかりで心を休める状況がまったくなく、現実を見せられました。
車内、駅では我を我をとしていて悲しかったです。
地震は自然が教えてくれたメッセージなのかもしれないとある方はおっしゃっていられましたが、だとするとそれじゃあ私たちはもっとダメになってしまう。 自分を大切に思うように、隣のひとも、またその隣のひとにもいい気をわけてあげたいと私は思います。
とはいっても押しつぶされ立っているのがやっとで、思いだけに留まってしまってたように思いますが、明日もまたきっと、更に混乱すると思うので、周りに飲まれず、“大丈夫!大丈夫!”と思って出勤してみます。

今日とっても嬉しかったことは、
こどもたちにおはよう!と挨拶をしてるときに
私より先に地震の話をしてくれ“のりこさんの家族とかおばあちゃんは大丈夫だった?”と。涙がでそうになりました。
保育園のこどもたちは朝早くから夜遅くまでお家の方と離れ、日々私たちとともにいます。
今日はできるだけ登園をさけて頂くよう一件一件連絡をしましたが、それでもやはり、全体の半数のこどもが余震の続く中、何事もなかったように無邪気におにごっこをしたり、コマを回したり、いつものように歌ったり踊ったり、喧嘩もしてました。
電車の影響でたった数時間しか一緒にいれず、私はこどもたちより後に来て、先に帰ることになりました。でもこの子たちからまたたくさんのパワーをもらったから一日を安らかに終えることができそうです。

それから二歳と生後1ヶ月の2人のめいっこが姉であるママとパパと1ヶ月検診を終え、お昼に我が家に来てくれた様で、
“ゆうちゃん(1ヶ月)は急激に大きくなっておりました。こころも優もとっても元気です!”と姉から置き手紙がありました。
それからかわいい寝顔の写メ。
家族ってやっぱりいいな。こんなときだからこそなんでもないことが余計にしみますね。

それから最後に、なおから“ブログよんで!私、明日お店開けるよ”とmailをもらいました。
短いmailの中にもたくさんのあったかい心が詰まってて私はmailを読んで“うん。すっごくいいよ!”と思い、私も明日もわらっていこう!ぎゅうぎゅうに負けないぞって思いました。

でも私のことだからきっとまた負けて帰ってくるかもしれません。そしたらまたなおにmailしたり、今日嬉しかったこととかを思い返してにっこりに戻したいです。

ブログにコメントするのもはじめてなのに、なんだかとっても長すぎて気持ち悪いくらい書いてしまいました。

この長いコメントを最後まで読んで下さった方。ありがとうございます。

明るい話題やほっこりできるみなさんのお話がありましたら聞かせてください。

きっと大丈夫!大丈夫!と信じ祈りながらmailさせて頂きました。

だいすきなジョイハウスさまへ

のりこより

投稿: のりちゃん | 2011年3月14日 (月) 22時14分

途中で切れました。。

投稿: のりちゃん | 2011年3月14日 (月) 23時58分

続きます。

それでもやっとの思いで職場である保育園に無事に着くと、4月から進学を控えている年長の女の子が私のところにきて“のりこさんの家族とかおじいちゃんとかは大丈夫だった?”とそっと声を掛けてくれました。こどもたちはちいさな体でも大きくて深くてやわらかくて優しいこころをたくさんもっています。
そして今日も元気におにごっこをしたりコマを回したり、歌ったり踊ったり、喧嘩したり、おもらししたり、給食のいちごにガッツポーズをしてたりと‥いつもと変わらずただただ一生懸命遊び、たくさんのことを学びわらっていました。

この子たちは毎日朝早くから夜遅くまで家族と離れてお友達や私たち職員と共に生活しています。
もっともっとお母さんに甘えたいでしょうし、お父さんと一緒に遊びたいでしょうに、無性に不安になったり寂しいときもあるはずです。夜も家族でご飯を囲めないこどもたちもたくさんいます。みなさんそれぞれにご事情があることですし、そういったご家庭を非難するつもりはありませんが、、物質的に満たされたこどもたちもどこかでこころを痛めてるんだと思います。でもみんな笑ってる。今日も笑ってました。
私たち大人は今笑ってる人が圧倒的に少なく、みんな不安や疲れや悲しみでいっぱいになり、我を我をとして、ついついそのこころをあらわにしていないでしょうか。
少なくとも今朝の車内や街やコンビニで居合わせた方はこころない方が多かったように思います。
きれいごとかもしれませんが、怖い顔してイライラしてぎゅうぎゅうになって職場にいって仕事をしたとしても人のこころに優しさはしみないし、悪いものがあちこちに巡るだけかなと。ぎゅうぎゅうが嫌なことは私も一緒で、たった一日で昨日みなさんと味わうことのできた澄んだ気持ちも消し去られそうでしたが、 やっぱりわたしは“大丈夫!大丈夫!今私にできることをこころをこめていこう。そしてなおやゆかちゃんみたいにわらって!わらって!”と思ってます。


今日嬉しかったことは他にもありました。
だいすきなめいっこ2人が我が家にきてくれたようで、会うことは出来ませんでしたが、姉が『ふたりともとっても元気です。またおおきくなりました』と置き手紙を残してくれていました。 今だから思うこと、『元気なこと』も『おおきくなる』こともありがたいんですね。すっかり忘れていました。
なに不自由なく大病することなく、父母兄弟、そして自然さんにも守られて私は今いるんだなって。。

そうはいっても、また明日電車の異様な空気にのまれてしまわないか心配ですが、大丈夫!大丈夫!を信じ祈っていきます。


それから最後に、
なおからの“私、明日お店を営業する!”のmailがすごく嬉しかった。短い言葉の中にもなおやゆかちゃんの思いや願いがいっぱい詰まりすぎていて嬉しかった。
なお、今を共にしているたまちゃんやみかさん、そしていつもジョイハウスを思って足を運んでくださるたくさんのお客様がいるから絶対大丈夫!大丈夫!
明日はとびきりのおむすびを結んで、みなさんとともにいい空気を作り、こちらにも流してね。


地震後、20年ぶりに家族で並んで寝ています。
母は“昔みたいでなつかしいわ”と。
私たちは4人兄弟なので
昔毎日、お母さんの横で誰が寝るかをじゃんけんしたことを思い出しました。 そんなことを思い出せたことにも感謝して、寝ます。


支離滅裂長々と失礼しました。

みなさん、明日からもわらっていきましょうね。


PS ブログをいつも携帯で見ているので、コメントが途中で切れたと勘違いしてました。

同じような内容ですが、せっかくなので送ります。
やっぱりパソコンとか機会とかは苦手なことがよくわかりました。。

だいすきなジョイハウスさまへ

リコーダーのりこより

投稿: のりちゃん | 2011年3月15日 (火) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541092/51119236

この記事へのトラックバック一覧です: 3月15日(火) 営業します!!:

« 今日のコンサートのこと | トップページ | 3月16日(水) 営業します~ »