« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月の記事

9月9日、DreamTime LIVE

朝晩は少し肌寒さも感じるくらい秋らしくなってきました〜。

先日の9日(日)に、いつもお世話になっている
叔母のお店「いろりの家たんぽぽ」(冬季限定のお鍋のお店です)で、
オーストラリアの先住民アボリジナルの地を旅したお話を、
笛奏者雲龍さん、天然空洞木(アボリジナルの楽器ディジュリドゥ)KNOBさん、そして前日に天川弁財天の復興祭にて演奏されていたインディアンフルートのHIROさんも特別ゲストとしていらしてくださり、驚きと感動いっぱいの会をさせていただいてきました。

Ncm_0253_2  。

オーストラリア先住民クク・ヤランジの皆さんが大切にされているレインフォレストで感じたお話を、
日本の太古の空気の流れる吉野たんぽぽで、
あらゆる自然界の声や響きやその美しさをやわらかな神聖な響きで届けてくださる雲龍さんの笛の音色、
KNOBさんのオーストラリアの大地と日本の大木、大地からのエネルギーを感じる響きの中で、
ラコタ族、そしてHIROさんのどこまでもまっすぐピュアにおおきな愛のちからを感じさせてくださるインディアンフルートの響きの中、行わせていただきました。

まっすぐな想いや心からのオトダマやコトダマは、国や言語を越え、つながっていくことを実感として感じることができました。

日本、アボリジナル、インディアン、そしてイギリスからのお客様もあり、いつもみんなが仲よく手をつなぐことを大切にしているクク・ヤランジ族の酋長CHARAさんもきっと、空の上で喜んでくれていたと思います。
この丘で眠る天智天皇の第一皇子、建皇子ことたけちゃんも、きっとみんなが来てくれて、うれしかったと思います。

そうやってわたしたちは目に見えない世界ともしっかりとつながって、
今を生かしてもらっているんだと、そんなことも感じたりしました。
時間の経過とともにじんわりじんわりと胸にしみてくるこの感覚がわたし自身もはじめてのことで、改めて感動しています。

コンサートの最後には、インディアンラコタ族の方から日本人として唯一シャーマンとして認められているHIROさんに先導していただき、丘にのぼり、輪になって、生きとし生けるものすべてに愛と調和と平和をみんなで声に出して手をつなぎ、その気をいっぱいに、歌い、音を奏で、そして大地や風を感じました。

Img_20120911_134724

そして、終わったあとは、おいしいお食事をいただいて大笑いの、、、宴でした〜。

この場をお借りして、
雲龍さん、KNOBさん、HIROさん、
そして、ご縁をいただいて来て下さったすべての皆さん、
この会を何日も前から一緒に準備してくれた由佳、家族のみんなに、
そして、たんぽぽの丘に、地球さんに〜、すべてに~、ありがとうございました。

みんながしあわせで愛と調和と平和がありますように〜

このお話の会は、11月4日(日)に、いつもお世話になっている大好きな空間、神奈川県金沢文庫の「アサバアートスクエア」にて開催します。

皆さんとも、この感動をご一緒できたらと思います!
お誘い合わせのうえ、ぜひ遊びにきてください!!

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

DreamTime LIVE
~オーストラリア先住民アボリジニと森のお話と音を楽しむ時間~

出演: 笛奏者               雲龍   
                                                    www.shana-records.com

          天然空洞木(ディジュリドゥ)   KNOB  
                        http://www.knob-knob.com

          おはなし              奈丘

日時 11月4日(日) 14:00~

場所 アサバアートスクエア

    横浜市金沢区金沢町205
    http://www.kazukoasaba.org/map.htm(地図はこちらから~)

料金 予約2,500円 当日3,000円 (小学生以下1,000円)

予約・問合せ先  045-783-9705  090-4134-9933

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。
すっかり、ご無沙汰になりました~。
BLOGを読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。

春から夏、そして初秋。
時が経つことの早さを実感しています。

今年で3度目となるオーストラリアの大好きな森へ。
今回の旅では、新しい場所へもお伺いすることができ、
なんでこんなに好きなんだろうって不思議なくらい、
森や森で出逢ったすべてが大好きです。

わたしが森とよぶ、この星の自然そのもののちからを感じられることは
どんなにかしあわせなことだろう、、、

Nec_0005

森をずっと歩き、わたしが自然の中にかえっていくと、
言い知れない安堵とともに、
いのちの鼓動が聞こえてきます。

時折の緊張と、宝石がちりばめられたようにキラキラひかる景色と音色。
わたしというすべての感覚がビックバンを起こして動きはじめます。

Nec_0060

一瞬もとどまることなくすすんでいく時の中で
その美しさにただただ祈るような気持ちになるのはなぜなのでしょう。

帰国した翌日にはじめて車で520キロの旅をして、
大好きな追浜の平和会の御神輿を、大好きなみんなと担がせてもらって、
大好きなたくさんの皆さんとお会いすることができました。
まるで、大好き祭りだ。
(でもまだまだ逢いたかった人がいっぱいで、次は皆さんにあえますように☆)
うれしかったな~、やっぱり追浜、金沢文庫、大好きだな~、と思いました♪

そして、8月のはじめには奈良県吉野のお山の中で、いにしえかたり「風の子たけちゃん」のお話会を行いました~。

来月9日には、これまでオーストラリアでの旅を出逢った森と人々、私の感じたお話を、
笛奏者、雲龍さんの美しい音の響き、ディジュリドゥ(天然空洞木)KNOBさんの大地の響きの中で、おいしいお料理と、あったかい空間で、させていただきます~。

今は毎日、その準備を、テンテンテン、と黙々と。
皆さんに聴いていただけることを楽しみにしています。

ゆっくりとあっという間に過ぎていく時の中で、
たくさんの楽しい思い出はいつもキラキラ輝いて、

さぁ、つぎはなにをしようか。
さぁ、つぎはどこへいこうか。

皆さんの毎日にキラキラ輝くひかりが、そしていい風がいっぱい吹きますように~~~

Nec_03041

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »