« インド音楽と旅のお話し会 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

インド音楽と旅のおはなしの会 無事に終了いたしました~

2012年11月21日、インド音楽と旅のおはなしの会、無事に終了いたしました~。

突然のことにもかかわらず、たくさんの皆さまにお越しいただき、
本当にありがとうございました。

シタール、タブラの響きとともに行わせていただいたインドの旅のストーリーテーリングも、彩り豊かなひと時となりました。
当日のリハーサルでお話しを聞いていただき、即興で音の世界をいれてくださった田中峰彦さん、りこさんの演奏のすばらしさを来ていただけなかった皆さんにも、ぜひ体感していただきたい~、と思います。

本当に丁寧にお話しを聞いてくださり、わたしのそのときの思い、歩いていた時の風や気候、温度まで思い出せるような演奏でした。
わたしが演奏に聞き惚れながら、音の世界に身を任せ、こころの中にある想いを自然に言葉として織りなし生まれていった、、、そんな世界がありました。

シタールもタブラも、楽譜のない世界で、師から弟子へと演奏は伝え教えられるそうです。

そして、自然の情景、たとえば「夕陽のとき」や「日の出のとき」というイメージやテーマで、その時その時の空気を感じ、即興で演奏されるそうです。はじまるタイミングも、おわるタイミングもそのとき、そのときの空気で決められ、決まりがないそうです。

そのときの一瞬、一瞬が音として、響きとして、リズムとして現れ、またとない「今」の世界の音楽なんだな~と、おふたりのお話しを伺いながら、自然とおなじ世界に改めて感じ、感動しました。

改めて田中峰彦さん、りこさん、本当にありがとうございました。
田中峰彦さんオフィシャルサイトはこちらです→田中峰彦 オフィシャルサイト
Arunachara

そしてわたしが今回のストーリテーリングで選んだのは「アルナーチャラの丘」という、
南インド最大級の聖地と言われるヒンドゥ教のシバァ神の権化と言われるお山での体験をお話しにしたものでした。
そのお話の中には、インドで教えていただいた太陽を讃えるヒンドゥ教のマントラを唱えるところがありました。
そのマントラは軽妙なリズムでとても明るい晴れた日のおひさまのような響きがあります。唱えるというよりも、歌うようなマントラです。

リズムや言葉の響きがおひさまのように元気で明るくキラキラ輝くマントラで、わたしは
大好きになり、インドで覚えて帰りました。
そのマントラにおふたりが音とリズムを即興で合わせてくださって、新しい世界がひろがりました。
あたりは日が暮れて暗かったけれど、「おひさま、ありがとうございます♪」の響きは、明日またのぼってきてくれるおひさまに届いたような気持ちがしました。

そこにみなさんが手拍子でリズムをいれてくださって、会場となったたんぽぽに、おひさまがのぼりキラキラと輝くようでした。本当にありがとうございました。

こうして、ここに書きながら、また今回のライブができたらいいな~という気持ちでいます。来てくださった皆さま、田中峰彦さん、りこさん、たんぽぽ母さん、父さんをはじめ皆さん~、本当にありがとうございました~。

…☆…
こうしてつながっていく、夢の物語。
オーストラリアアボリジニ、ククヤランジのDreamTimeLiveからはじまった旅のストーリーテリングのお話の世界はインドへと歩みをすすめ、ハワイ島へと風はつながっていくようです。
来月は、ハワイ島へ大切な物語を紡ぐため、はじめましての森の世界へと旅にでてきます。

|

« インド音楽と旅のお話し会 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

05 日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541092/56176954

この記事へのトラックバック一覧です: インド音楽と旅のおはなしの会 無事に終了いたしました~:

« インド音楽と旅のお話し会 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »